修理:キーレスエントリー不調

キーレスエントリーが不調で、トランスミッタ(発信機)の電池交換をしても動作しないことがある、とのトラブル。

このケースでは、不具合個所として疑われるのは、発信機以外にも、受信機(車両側コンピュータ)があります。
今回の場合、受信機はキーレスエントリーの信号受信だけでなく、集中ドアロックや室内灯のON/OFFも制御しているものでした。
確認したところ、運転席ドアのキーシリンダを操作しての集中ドアロックや室内灯などは正常に動作していることから、受信機への配線の断線・ショートの可能性は低いと判断しました。
そのため、受信機自体の不調と判断したのですが、この部品、3万円ほどと高価なため、なかなか替えづらいんです。

ダメ元ということで、受信機を分解して、基盤を確認したのですが、目視で半田クラックなどは確認できませんでした。
せっかくですから、アンテナ線やアース個所、コネクタ部分、リレーなどの半田を修正し、再度組み付けたところ・・・・・動きました!

お客様には、しばらく様子見してもらうことにしようと思います。

※この方法で直らないこともありましたので、あくまでご参考程度にしてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。