修理:エアコンが効かない(マツダ ボンゴ)

エアコンの効きが悪いとのことで、マツダのボンゴバンが入庫しました。
早速確認すると、風量調節を最大にしても風量が少ないです。
更に、かなりこもった音がしていますので、エアコン内部の目詰まりと判断しました。
この車はエアコンフィルターがないものなので、レジスターコイルを外してエバポレータ(家庭用エアコンでいうと壁についている機械のフィルターを外した時に見える、アルミフィンがたくさんつけてある部品)を覗いてみると…
ホコリで完全に目詰まりしてます。これでは、風が弱くなるはずですね。
早速、掃除用ツールを使って清掃します。
高圧エアと一緒に水を噴射して、ホコリを洗い落としていきます。
噴射する角度や方向を変えながら、ホコリを落としていくと、ピカピカになってきました。
ホコリは、噴射した水と一緒に、エアコンの排水口から流れ出ます。かなりたくさん取れました。
修理後、風量もしっかり出るようになり、音も静かになりました。何より、空気が綺麗になったように感じて清々しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。