修理:パワーウィンドウ 助手席側が時々閉まらない(三菱 ダンプ)

運転席側ドアについている、パワーウィンドウのマスタースイッチ。

三菱のダンプ車で、助手席側パワーウィンドウ操作時、運転席側スイッチからだと、開く側は正常だが閉まる方が時々動かなくなるとのこと。
助手席ドアについているスイッチだと閉めることができるそうです。
この手のトラブルの場合、ガラスを上げ下げするモーターにきちんと電気を供給できていないから動かないのは間違いないのですが、その理由は色々考えられます。
配線の断線もありますし、スイッチ不良の場合もあります。
スイッチ不良といっても、スイッチレバーの破損や摺動部の劣化もあれば、電気的な接触不良の時もあります。
今回のケースでは、運転席側マスタースイッチ不良と診断しましたが、何せ部品代も高いため、清掃分解してみることにしました。

スイッチ基板、ON-OFF接触部。

このスイッチは、基板上のギャップ部分に小さな丸型金属が接触してON-OFFを感知するもので、大きな電流が流れるわけでもないためか、接触部は汚れてはいるものの減っていませんでした。
また、スイッチレバー側は防塵用にシリコンカバーがつけられているのですが、この弾力を使ってレバー操作後に戻るバネの役割もあるみたいです。
スイッチ接触部を清掃し、スイッチレバー周りの清掃注油、シリコンカバーの清掃をして再度組み立て、スムーズに動作することを確認後に車両に戻すと、、、、動きました!
しばらく様子見していただき、再度症状が出るようであれば交換も提案する必要がありますが、調子よく動いてくれそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。