修理:時々エンジンががたつく(ダイハツ ミラ)

ダイハツのミラが、アイドリング時や加速時にエンジンががたついたり力が出ないように感じるとのことで入庫。
定番の修理ではありますが、エンジンの失火が疑われるケースです。
失火とは、いずれかのシリンダーで火花が飛ばず、ガソリンが正常に燃焼していない状態のことです。
まずは不良シリンダを特定するのですが、症状が常時発生していれば簡単に判断できます(予備で持っている正常品のダイレクトコイルと入れ替えるなどします)。
ただ、今回のケースでは、失火の発生頻度が低く確認しづらいので、診断機をつないでライブデータで確認しようとしたのですが、、、年式が古く、失火カウンタが読めませんでした。
そこで、もう少し新しめの車に、プラグとコイルを移してライブデータを確認してみると、失火シリンダも特定でき、無事修理完了となりました。
結果、交換後3,000kmほどしか経っていないプラグの不良でした。見ため、ギャップなども正常だったんですけどね〜

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。