修理:ハブベアリング不良(ダイハツ タント)

リヤ ハブベアリングASSY

ダイハツ タントのリアハブベアリング不良による部品交換のお話です。

結構定番の作業なのですが、皆さん、ハブベアリングってご存知でしょうか?
自動車に付いているタイヤの軸受け部分に付いているベアリングの事で、タイヤをスムーズに回転させ、その中心軸をしっかりと支える役割を担います。
このベアリングが、経年劣化に伴う摩耗やサビによって劣化し回転抵抗が生じる様になると、回転時にゴロゴロ音を出すようになります。
具体的には、エンジン回転に関わらず、車速が上がる程大きな音で「ゴーッ」という音がします(同様の例として、タイヤノイズの場合もありますが・・・)
この音は、ベアリングの劣化に合わせて徐々に大きくなるため、かなりひどい状態になっても「車が古くなってきたからかな?」くらいで気づかないユーザーさんもいらっしゃいますが、放置しておくと危険な為、当店で発見した時には交換をオススメしています。
オーディオのボリュームを以前より上げないと聴こえづらくなったなど、気になるようであれば、一度点検をお受けください。
多くの場合、リフトアップしてタイヤを空転させてみると、どのベアリングから音が発しているのか分かりますので、そんなにお時間はいただかなくても判断できると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。