修理:エコアイドル(アイドリングストップ機構)付車のバッテリー交換

(この動画は別車種のものですが、オレンジ色の警告灯が点滅します)

ムーヴコンテのエコアイドルオフ警告灯が点滅しタイヤ店で見てもらったところ、バッテリー不良と言われてバッテリー交換したが、その後も警告灯点滅が消えないとのことで入庫。
ガソリンスタンドでの作業後「アイドルストップしないように細工しておいたから」、とも言われていたようでしたので、配線加工して故障コードが発生している可能性も疑いました。

エコアイドルオフ警告灯の点滅は、アイドルストップ機能のいろいろな不具合を知らせるものですが、バッテリー劣化が原因であることがほとんどです。
適切な時期でのバッテリー交換を通知するには非常に便利な機能ですが、他の部品などが壊れた際にも同様の点滅をするため、必ず故障診断機での対応が必要です。

今回の場合、交換時にバッテリー劣化のデータを初期化していなかったため警告灯が点滅していただけで、適切な作業をしていなかったのが原因でした。
ただ、少々悪質だなと思ったのは、作業後の説明。
「アイドルストップしないように細工しておいたから」じゃなくて、「リセットできないからバッテリー交換後もアイドルストップできない、知識のあるお店で見てください」と案内するのが本来だと思うのですけどね……

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。