東京海上日動のドライブレコーダー:事故防止支援機能

東京海上日動の自動車保険の特約として、ドライブレコーダーを設置できる「ドライブエージェントパーソナル」。
この機種では、事故防止支援機能として、片寄り走行警告や前方車両接近警告をしてくれます。
走行中、車線から逸脱しそうになったり、前方車両との車間距離が近くなりすぎた際に警告メッセージが流れるというもので、主要な特徴のひとつとなっています。

ただ、例えばダイハツのスマアシなどと違い、ドライブレコーダーの画像を簡易的に解析して判断しているものなので、現時点では、あまり精度は高くありません。
先日も、高速道路を走行する機会があったのですが、直線に近い道路で前方に車両がいない状態でも、「車間距離にご注意ください」とのメッセージを数回発していました。
太陽に向かって走行するような状況でしたので、条件としてはキツイものだったのかもしれません。
また、片寄り走行警告についても、使える機能とは言い難いのが正直なところです。
これら機能に期待されて取り付けを検討の方は、ご注意いただく方がよろしいかと思います。

ただ、この機種はデータ通信に対応しており、自動的に機能のアップデートを行っています。
将来的には、プログラムの修正などで、より便利なものとなっていく可能性はありますし、使用者・代理店ととして、期待したいところです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。