修理:オートテンショナ交換(トヨタ エスティマ)

車検入庫時、エンジンルーム内からバタバタと異音発生していたため、点検。
ファンベルトの張力を自動的に調整しているオートテンショナという部品が劣化し、ベルトを押さえつける力が弱くなってベルトがバタつき、音が出ていました。

この時期のトヨタのエンジン特有の故障なのですが、この部品、消耗品として考慮していないためか、1本抜けにくいボルトがあるため、交換するには色々とバラす必要があり、時間がかかります。
テンショナーの一部、ダンパー部分だけ交換できるようにしてくれると簡単なのですが、新しい部品は対策品として設計変更されているのか、バネ式の一体型になっているので、ゴソッと交換するしかなく…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。