修理:パンクして、空気圧が低いまま走行を続けると・・・(タイヤ)

パンクして、空気圧が低いまま走行を続けると、タイヤ側面がたわんで地面と接触し、傷んでしまいます。
この写真は、そんなタイヤをホイールから外したところ。
タイヤ側面の内側がボロボロになって、粉状のゴムが溜まっています。
タイヤの強度も落ちるため、交換させていただきました。

走行中、車体の振動やハンドルに伝わる感触などで違和感を感じたら、早めにタイヤの確認をしてください。
事故の原因となる場合もありますし、空気圧の低いタイヤでは、自動ブレーキも正常に動作しませんので。

スペアタイヤのないお車も増えていますが、自動車保険のロードサービスなどを使用することで対応できますよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。